なかしょの技術日誌

業務では非MS系のものばかりですが、ここではMS系の技術やサービスを中心に書いていきたいと思います。

Visual Studio App Center の MBaaS機能がリタイアとなりました。

起きたらびっくり

本日、朝起きて出社する準備中に以下のツイートを見てびっくりしました。

思わずコメント付きリツイートしてしまいました。

なんでびっくりしたか

Visual Studio App Center のmBaaS機能は、発表とほぼ同時に仕様を調査したり、勉強会で登壇したりしていたので、けっこう期待していました。

App Center Blogの記事はこちら devblogs.microsoft.com

自分が発表した資料はこちら

www.slideshare.net

www.slideshare.net

www.slideshare.net

www.slideshare.net

www.slideshare.net

なんで期待していたのか

mBaaSがFirebase1強と思われる中で、MSがmBaaSに取り組んでいくと発表してくれたのはとても頼もしかった。対抗するサービスがいくつかないとmBaaS分野の成長が鈍化するかもしれませんし。
AAD経験者にとって、Firebase Authenticationを使用するよりもApp Center Authを使ってAADB2Cでユーザ管理できるのはとても便利だし、AADと連携できるサービスと相性が良いと思った。
また、GDPRだとかCCPAだとかが騒がれている昨今、扱うサービスすべてでアカウントに紐づく情報を削除できる必要があります。AADに対応しているサービスは多く、Azureやそれ以外の色々なサービスを全てAADアカウントと紐づけていたら、個人情報を削除する際もユーザの情報が追跡できると考えています。
もちろんApp Center Authがなくても実現できますが、SDKがあることで敷居が低くなることは確かです。
特にWindows Mobileの開発を停止したMicrosoftにとって、AndroidiOSのモバイル開発者がAzureを選ぶ理由として敷居を低くするのは重要だと思っていました。
また、App Centerはデスクトップアプリにも対応しており、mBaaSに留まらないBaaSとして成長を見せてくれるものだと思っていました。

反省点

リタイア宣言のブログで書かれていますが、App Centerチームはユーザのフィードバックから学習し、今回の結論を出した、とのこと。
私はApp CenterのmBaaSについて勉強会で登壇等はしていたけどApp Centerチームへのフィードバックはおこなっていなかった。やはり自分が続けて欲しいサービスはしっかりフィードバックもおこない開発継続となるようにしていかないとと改めて思いました。

CI/CD Test Night#5 で「Azure PipelinesをサーバサイドのCI/CDに活用」というLTをしました

2019年10月2日に開催されたCI/CD Test Night#5 で「Azure PipelinesをサーバサイドのCI/CDに活用」というLTをしました。

testnight.connpass.com

発表した資料はこちらです。

www.slideshare.net

いつもモバイル関連なのでモバイルではないことをしゃべろうとしてサーバサイドの話をしました。

以下のようなことを話しました。

  • Azure Pipelines には様々なビルドテンプレートがある
  • Azure Pipelines Agent使うとオンプレミス環境でのデプロイも簡単になる
  • ビルドパイプラインとリリースパイプラインは明確に分けよう
  • リリースパイプラインには特定ユーザによる承認の仕組みがある
  • Azure Artifactでプライベートリポジトリを作ろう

今後もCI/CDについて色々紹介できればと思います。

.NETラボ勉強会2019年9月にて「GitHub Actionsの未来をAzure Pipelinesの機能から探る」というLTをしました。

2019年9月28日に開催された.NETラボ勉強会2019年9月にてLTしました。

dotnetlab.connpass.com

発表した資料はこちらです。

www.slideshare.net

GitHub Actions RunnerがAzule Pipelines AgentのForkで作られていたり、MSでAzure DevOps作っていたDeveloperがGitHubGitHub Actions作っていたりするので、Azure PipelinesとGitHub Actionsの仕様を比較して、GitHub Actionsに今後追加される機能を考えてみたりしました。
5分のLTなので大したことは書いていませんがご参考まで。

JXUGC #25 最新情報アップデート&LT 大会でAzure Spatial AnchorsについてLTしました。

2019/08/31(土)に開催された JXUGC #25 最新情報アップデート&LT 大会 でAzure Spatial AnchorsについてLTしました。

jxug.connpass.com

発表した資料はこちらです。

www.slideshare.net



Azure Spatial Anchorsは今年の2月に発表されたMixed Reality Serviceです。
気になっていたのでde:code2019でセッションを見て面白そうだと思いました。
Mixed Reality と聞くとHoloLensが一番に思い浮かべると思いますよね。HoloLensは高価だし、他のMixed Reality Readyな端末はPCと接続が必要だし、AndroidiOSの端末で気軽に体験したいとずっと思っていました。
Xamarin Developer SummitのセッションでXamarinのSDKが出るよ、と発表があったのでLTのネタいただきました!という感じで内容を決めた次第です。

www.youtube.com
発表の仕方としてはMixed Realityがスマートフォンで体験できるようになったのってワクワクしない?的な感じで話したつもりでしたが伝わったでしょうか。
始めてみたい、と思ってくれたなら幸いです。

iOS Test Night #11 で「GitHub ActionsでiOSのCIを実現しよう」というLTをしました

2019年8月27日に開催されたiOS Test Night #11 で「GitHub ActionsでiOSのCIを実現しよう」というLTをしました。

testnight.connpass.com

発表した資料はこちらです。

www.slideshare.net

8月初旬にGitHub ActionsのCI/CD対応が発表されて、発表までに使えるようになったらこのネタで行こうと決めていました。8月21日という発表まで1週間切ったときにようやくGitHub Actions Betaが使えるようになったので利用方法を調査して資料を作成しました。
正直、今のサービス内容であればAzure Pipelinesを使っていった方が良いなぁ、とは思いますが今後GitHubも力を入れていくでしょうし期待してウォッチしていこうと思います。

Android Test Night #7 で「Azure PipelinesとFirebase Test Labを連携させてみた」というLTをしました。

2019年7月25日に開催されたAndroid Test Night #7 で「Azure PipelinesとFirebase Test Labを連携させてみた」というLTをしました。

testnight.connpass.com

発表した資料はこちらです。

www.slideshare.net

Firebase Test Lab のRobo Testが良いなぁ、と思って、毎日CIで定期的にチェックできる仕組みを作りたいと調査して資料を作りました。
Google Cloud側にAzure Pipelines Agentを置く方法がGoogleのサイトで書いてあったので試してみましたが権限周りが良く分からずうまく行かなかったので自宅のMacのSelfHosted方式にして実現したのですが、Azure PipelinesのMicrosoft Hosted のUbuntu VMであればGoogle Cloud SDKがインストール済みなので、そちらでやればよかったと反省。
次に活かします。

Shibuya.apk #35にて「Visual Studio App CenterにmBaaS機能が増えてきた」というLTをしました。

2019/06/28(金)に開催されたShibuya.apk#35にてLTしました。

shibuya-apk.connpass.com

発表した資料はこちらです。

www.slideshare.net

当初、5分枠でLT予定だったのですが、1週間前の時点で15分枠が2枠空いていたので、そちらに移動しました。 その時につぶやいたツイートはこちら。

当日までにもう一枠の15分枠も埋まったのですが、私が移動した5分枠のほうは埋まらず残念・・・

5分枠を15分枠にするのは大変かというと、先日おこなった10分枠のLTの焼き直しで何とかなったので負荷はありませんでした。焼き直し元のLTはこちら。

nakasho-dev.hatenablog.jp

当日発表時にTwitterでコメントをもらったので、リツイートで以下のように返しました。

なんだかこれだと消極的な理由過ぎて嫌だなぁ、と自分でも思ってしまいました。 Auth機能やData機能のバックエンドはAppCenter専用ではなくAzureの一機能であるAD B2CやCosmosDBです。AppCenterと連携しつつAzureの素の機能を豊富な管理画面や様々な連携できるサービスと組み合わせて運用できるのは強みだと思います。

もっと詳しく解説できるように勉強しなきゃ...