読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なかしょの技術日誌

業務でプログラミングをしなくなったのでプライベートで調査した技術情報を書き留めていきます。

Tizen.NETにおけるXamarin.Formsの制限事項

Xamarin.Tizenチョットデキルのなかしょです。

前回の記事ではプラットフォーム固有APIの制限事項について説明しました。
今回はTizen.NETにおけるXamarin.Formsの制限事項について説明します。

Tizen.NETではXamarin.Formsへの対応状況を以下のように説明しています。

『Tizen .NET supports 99% of Xamarin.Forms.』

99%か、Preview版にしてはなかなかのものです。(と実際の制限事項を見るまでは思っていました...)
では、具体的にどのような機能が制限されているかは以下のページで説明しています。

developer.tizen.org

Ignored, No Action, Never triggered など、様々な制限が記載されています。
中でもListViewの制限が多い印象です。
特にGroupDisplayBindingでListViewをグループ化して表示できないとか、IsPullToRefreshEnabledで引っ張って画面更新などのスマフォっぽい動作ができないとか、色々とつらそうです。

デザインを調整するための要素が使えず、プラットフォーム固有のAPIにはUI系が存在せず、Custom Rendrerを実装できないとなると、デザインを重視したTizenアプリにはまだまだXamarin.Formsは使えないのではと懸念しています。

今日はここまで。

2016/11/24 追記

前述の制限は対応しているクラスに対してのものです。クラスそのものが非対応なものは以下になります。

  • AppLinkEntry
  • PinchGestureRecognizer
  • PanGestureRecognizer
  • OpenGLView
  • WebView
  • OnPlatform
  • PlatformEffect<TContainer, TControl>

WebViewがないとか、ちょっとしたWebサイトをアプリ内で表示したいときに困りますね。